ピアノ 習う きっかけ

ピアノを習うことになったきっかけ

ピアノを大人になってから習い始めるには、
なにかしらきっかけと言うものがあるはずです。

 

小さい頃、ピアノを習いたくても習えずに、やっと始められる環境になった人、
自分の子供が習うのを見て、おもしろそうだと自分も習い始める人、
昔習っていたけど、子供と連弾がしたくて、また始めた人、
どうしてもお気に入りの曲を弾きたいと思って始めた人など、
それぞれに理由があります。

 

特に、まだ小さい子供さんがいるお母さんが、
ピアノが弾けたらいいなと思うような場面が数々あり、
子供さんがいない日中にレッスンを受けている人もいます。

 

「お友達のママはたくさんピアノを弾いてくれるのに、
 なんでお母さんは弾いてくれないの?」
と子供に言われて習おうと決めた人もいます。

 

大人になってピアノを習い始めることは、ちょっと勇気がいりますよね。

 

子供さんがすでにピアノを習っているなら、
その先生に聞けば解決するかもしれませんが、
そうじゃないと、自ら先生を探すことになります。

 

一般的にピアノを始めるには、少し遅いと思ってる人ほど、
誰かに相談することなく、一人で探しているのです。

 

もしそうなら、勇気を出して音楽教室をたずねてみましょう。
思いのほか、同世代の人もたくさん習いにきています。

 

ピアノを習いたい気持ちになるのは、人生の節目なのかもしれません。

 

子供さんが成長し、手がかからなくなり、
少し自分ことを考える時間の余裕ができた時などに、
今までできずにいたことを考え始めるんです。

 

新しいことを始めるということは、ピアノを習うことだけじゃなく、
生活や気持ちに変化が出て、とても嬉しいことです。