ピアノ 習い始めた後 気づく

ピアノを習い始めた後に気づくこと

いざ、ピアノを習い始めると、色んな疑問が出てきます。

 

子供さんにピアノを習わせている親御さんは、
子供の習得度を見て、先生のレッスン方法と、
自宅で練習する方法を、どうやって進めればいいのか疑問になるのです。

 

せっかく先生について習っているのに、
指導の場が練習になり、次回のレッスンまで全然練習をしない人、
お母さんがピアノが得意で、つい自分なりに細かく教えてしまい、
気づけば、譜面を読む力がつかないままといったことがあります。

 

これは先生によりますが、
楽譜を読む力が大事だと考える先生と、
実践の方が大事だと考える先生がいます。

 

ピアノを習ったことがあり、楽譜を読む力がある人は、
長い間弾いてなかったとしても、ある程度は弾けるそうです。

 

しかし、耳だけで曲を覚えて弾けるようになった生徒、
言いかえれば、楽譜が読めない状態で続けている生徒は、
結局ものにならないことがほとんどだそうです。

 

ピアノを習う場合は、先生選びが大事で、
間違うと何年レッスンを受けても、上達しないということになってしまいます。

 

ピアノを習う上で譜面が読めるようになるかどうかはとても重要なので、
子供さんの上達をチェックする時には、
譜面が読めるどうかを必ず確認するようにしましょう。

 

家で子供が練習していると、つい口出ししたくなる気持ちはわかりますが、
あまり教えすぎると、子供さんのために良くないですし、
先生に迷惑がかかることになるかもしれません。

 

ピアノを習う時には、先生の指導方針を良く聞いておくことが大事です。
自宅での練習の時に、親に教えてほしくないと思う先生が、
たくさんいることを知っておきましょう。