ピアノ 習う 個人の先生

ピアノを習うなら個人の先生がいい?

自分がピアノを習いたい、または子供に習わせたい時、
音楽教室と個人の先生、どちらを探しますか?

 

どちらで習うとしても、
生徒と先生との相性がよくないと、どうしようもないので、
簡単にどっちがいいと言い切れません。

 

例えば個人の先生の場合は、
生徒さんへの考え方次第で、大きな違いが出てきます。

 

生徒さんに嫌われたくないという考え方なら、
自分がしたいレッスンではなく生徒さんに合わせるでしょう。
技術力を重んじる先生なら厳しいレッスンになることもあります。

 

一概にどちらが正しいと言えませんが、
一番大事なのはピアノに興味を持たせてくれることです。

 

例えレッスンが厳しくても、生徒さんが弾きたい曲に挑戦させてくれたり、
上手くなったと実感できるなら続けることができるでしょう。

 

個人の先生を希望している人は、
一度発表会を見にいってみると参考になります。
先生の考え方が一番わかるのが発表会だからです。

 

生徒さんがどんな曲を弾いているのか?
技術力はどうなのか?ミスは多いかなど、
レッスンで先生がどんな指導をしているのかよくわかります。

 

実際の実力より難しい感じの曲を選択する先生、
生徒さんが弾きたい曲を弾かせてくれる先生、
誰もが聞いたことのある曲を選ぶ先生など、
発表会では自分が習ってみたいと感じるピアノの先生に出会えます。

 

また、生徒数が少ない場合は、発表会を開けないことがあります。

 

発表会が苦手な人はいいですが、
日頃の成果を実感できる場所でもあるので、
できればあったほうがいいでしょう。