ピアノ グループレッスン

ピアノのグループレッスンってどう?

ピアノを習う時に必要なのが、大手の音楽教室や個人の先生を探すこと。

 

大手の音楽教室だと、小学校入学前の子供さんには、
グループレッスンをしていることが多いです。

 

グループレッスンは、ピアノを教えてもらうというより、
リトミック要素が半分で、合奏で、他のお友達が出す音を聞きながら、
自分の音を出していくレッスンです。

 

まずは、リトミック要素を取り入れて、
徐々に本格的な鍵盤での演奏にステップアップするという流れです。

 

グループレッスンにより、情緒面や聴く力、リズム感を育むことが、
後に個人レッスンを受けるようになった時に生きてくるというのです。

 

グループから始めて個人レッスンを受けるようになると、
最初に個人でピアノを習い始めた人との違いが出るという先生もいます。

 

グループで習うといいことも悪いこともあります。

 

いいことは、音楽そのものを楽しみ、
その中からリズム感や音感が備わること。

 

逆にあまり良くないと考えられるのは、
個人レッスンより進捗度がゆっくりだということです。

 

グループの中には、理解の早い人、遅い人がいて、
どうしても遅い人に会わせることが多く、
飲みこみが早い人にとっては面白くない…と感じることがあります。

 

ですから、早くレベルアップさせたいと考えるなら、
個人レッスンの方がおすすめです。

 

グループレッスンはどちらかと言えば、
技術面より精神的な面(協調性など)を育てたり、
合奏することで、音楽が楽しいと感じさせることに向いているかもしれません。