ピアノ キーボード

ピアノはキーボードで習える

ピアノを習いたいと思った時、ピアノがないと習えないと思うのは間違い。

 

本当のピアノの鍵盤を弾くには、まだ幼い年齢の場合や、
リトミック要素の音楽をグループでレッスンする場合は、
キーボードでレッスンする鍵盤導入コースがある音楽教室があります。

 

幼稚園の子供やお年寄りは、
力がいらないキーボードでの練習がおすすめです。

 

小さい頃からピアノを習うなら、
最初からアコースティックピアノを使っての練習がいいと言う人もいます。

 

しかし、さまざまな音が出るキーボードを使って練習することで、
音楽が楽しい!と感じてもらうことが重要だと考える方が一般的です。

 

音楽が楽しいと感じ、興味がでると、
指の力がつく5〜6歳になった頃から、本格的にピアノを習えるようになります。

 

また、初めてピアノを習うのが、
高齢になってからの人もキーボードを使うことがあります。

 

高齢になって始める人は、好きな曲を弾きたい人が多く、
キーボードの方が弾きやすいので練習に向いているのです。

 

アコースティックピアノで練習したい人もいるでしょうが、
購入するのは習い始めてからでも遅くはありません。

 

レッスンを受けてみて、続ける自信がついてから、
買うか買わないか考えるといいでしょう。

 

大手の音楽教室でピアノを習えば、楽器の購入についても、
相談に乗ってもらえるし、タイプの違うピアノを比較して選べるので心強いです。

 

ピアノって高額なので、あとで買い替えるのは難しいですよね。
だからこそ慎重に選びましょう。